MENU

住宅ローン破産しないために

住宅ローン破産しないための方法を紹介したいと思います。今消費者相談窓口に相談に来る人の中には、住宅ローンの返済が苦しいといっている人が多いといわれています。住宅ローンの返済に困って住宅ローン破産しないためにはどうすればいいのでしょうか。住宅ローン破産しないためには、まずは住宅ローンを借り入れた後の返済計画をしっかりとたてることが大切です。今個人の住宅ローンの中では固定金利選択型の3年のものや固定金利選択型の2年のものが人気がありますが、こちらは初めの2年か3年だけは住宅ローンが固定金利になっていて、固定期間が終了すると固定金利型か変動金利か選ぶことができるという住宅ローンです。

 

この形の住宅ローンは最初の返済額が抑えられていますからどうしても目先にとらわれて利用する人が多いのですが、たとえば最初に住宅ローンのキャンペーン期間中でその金利で住宅ローンを組んで4年目にいきなり住宅ローンが3万円から4万円も上がってしまったというケースもよくありますから住宅ローンを組む時からきちんと組んだ後の返済計画については考えていかなければいけないのです。そうしなければ住宅ローン破産になって将来住む家もなくしてしまいます。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法についてですが、住宅ローンを返済する方法というのは一般的には2種類の方法があります。まず一つ目の住宅ローンの返済方法としては元利均等方式という方法があります。元金と利子を含めて返済額が毎月同じ額になるように返済するのがこの住宅ローンの元利均等方式になっています。ですからはじめは金利ばかりが減っていくことになって元金が減らないのが特徴です。だんだん住宅ローンの返済が進んでいくと、住宅ローンの返済額のほとんどが、元金の返済になっていきます。毎月の住宅ローンの返済額が決まっていることで、毎月の資産計画がしっかりと立てられるというメリットがあります。多くの住宅ローンがこの方法での返済方法になっています。

 

そして住宅ローンの中には、元金均等方式という方法があります。こちらは元金の返済が毎月同じ額になるように住宅ローンを返済していくという方法で、住宅ローンの返済が進めば進むほど利息が減るというタイプで、返済額は、住宅ローンがスタートした最初が多めになっていて後になれば減っていくのが特徴です。最初の住宅ローンの返済額が多いですから住宅ローンにはあまり向かないタイプかも知れません。

住宅ローンの諸費用

住宅ローンの諸費用について紹介していきたいと思います。住宅ローンというのは諸費用がかかってしまいますから住宅ローンを組むだけで何もお金が必要ないと思っている人は確認しておいた方がいいでしょう。まず住宅ローンを組んで売買契約をする際には物件の金額にもよりますが5000万ね2課の場合には売買契約書にはる印紙税が1万5千円かかることになりますし、住宅ローンの契約をする際には5000万円以下の住宅ローンには2万円の印紙税がかかってきます。このほか住宅ローン以外にも、決済や土地の引き渡しの際にも司法書士に払うお金がだいたい5万円前後かかってきます。

 

住宅ローンの諸費用としては事務手数料、保証料、団体生命保険料などがかかってきます。火災保険料も必要ですし、司法書士に報酬を支払う際にはこちらも5万円前後の費用が必要です。トータルで考えると他にも引っ越しの費用や家具なども購入する際の費用も必要になってきますから住宅ローンの5パーセントくらいが自己資金として持っていると安心して住宅ローンを組んで家を購入することができるのではないかといわれています。住宅ローンによっては頭金0で購入可能といわれているローンもありますが、その際でも諸費用は必要です。